1. <strike id="gqowt"></strike>
    1. <rp id="gqowt"></rp>
    2. <button id="gqowt"><acronym id="gqowt"></acronym></button>

      <dd id="gqowt"></dd>

      こんにちはいらっしゃいませ 蕓馳金屬科技(昆山)有限公司 ホームページ!

      中國語/ 英語/ にほんご/ 最初のページ/ 公式サイト

      ワンストッププレス部品製造サービスプロバイダー

      精密プレス製品を顧客に提供する

      全國奉仕ホットライン

      0512-57995161

      現在の位置:最初のページ --> よくある問題

      プレス穴の巻き取りやプレスの反り、ねじれの解決方法

      著者: ソース: 日付:2020-05-07 14:14:01 人気:261
      一つは、プレス穴に発生する巻き取り現象です。発生の原因によって、形も違います。
      (1)は、ダイ面の凹凸により、端を巻きます。

      ダイ刃先が畳や欠けている場合、局部修正を行って凹んだ狀態でプレスすると、上記のような欠陥が発生することがあります。金型の表面精度を高める方法で除去します。
      (2)ノックアウト板の設計が不適切なため、ロールエッジが発生します。
      ストリッパとダイの隙間が大きすぎて、ロールエッジが発生します。ストリッパはパンチに近づかなければなりません。また、このように設計しても、ストリッパの力が弱いと、同じ現象が発生することがあります。
      (3)、曲げとプレスを同時に行う場合、引張りによる巻き取り。
      曲げ加工とプレス加工を同時に行うと、穴が楕円形に引張りますので、ロールエッジも発生します。その措置は、2つの工程を分けるか、プレスと曲げの同期に注意して行うことです。
      (4)曲げ加工を行う場合、ガイド穴は楕円狀になります。
      穴ガイドで曲げ加工をすると、伸びにより穴が楕円形になります。ストリッパ圧力を高めたりガイド方法を変えたりする措置です。


      二、プレス部品の形狀が不良である場合、プレス部品には反り、ねじれなどの欠陥が発生します。

      1、反り(屈曲)
      プレスが曲面になる現象をゆがみ(屈曲)といいます。原因と除去方法
      (1)材料の異方性と巻末の保平による。ストリッパ、トップロッドなどで材料をしっかり押さえてプレスすることができます。中、厚板をプレスする時に、板厚1/3~1/4のストロークでカット角を斜め刃にすると効果的です。
      (2)切取角の設計が大きすぎたり、切取角の合理的なエッジ合わせが小さすぎたりすると、上記のような欠陥が発生します。カット角を修正して、適切にエッジの幅を増やして注釈したら解決できます。
      (3)金型構造にトップクッションが設計されていない場合、プレス後に校正が必要です。


      2.ねじれ

      プレスがねじれていることをねじれといいます。原因と除去方法:
      (1)帯の材料を切る時、製品はねじれの形になりかねない。トップロッドを採用して、ストリッパのストリッパが解決できます。
      (2)ただし、上記の落下型を用いると、斜め刃の切取角度が大きすぎると、ねじれが生じることがあります。その措置は,せん斷角を減少させながら,より大きなトンの圧力機に交換することである。
      (3)隙間の不均一によって歪みが生じる場合、刃口を修正する必要があります。
      (4)ダイの後角に當たると一様に落下しない場合、歪みが発生しやすい。カット斷面を観察し、後角を修正します。
      SuICP予備1401940號-1 著作権所有 2018-2025 蕓馳金屬科技(昆山)有限公司 All Rights Reserved.
      日本黄色一级视频,日本网站,小草视频播放,小草视频播放