1. <strike id="gqowt"></strike>
    1. <rp id="gqowt"></rp>
    2. <button id="gqowt"><acronym id="gqowt"></acronym></button>

      <dd id="gqowt"></dd>

      こんにちはいらっしゃいませ 蕓馳金屬科技(昆山)有限公司 ホームページ!

      中國語/ 英語/ にほんご/ 最初のページ/ 公式サイト

      ワンストッププレス部品製造サービスプロバイダー

      精密プレス製品を顧客に提供する

      全國奉仕ホットライン

      0512-57995161

      現在の位置:最初のページ --> よくある問題

      金屬プレス部品が曲げする時、サイズと形が不合格の原因は何ですか?

      著者: ソース: 日付:2020-05-07 15:15:06 人気:271
      1、材料の跳ね返りは製品に不合格をもたらします。
      弾を減らす措置:
      弾性係數の大きな降伏點の小さい機械的性質の比較的安定したプレス材料を選択した。
      校正工程を追加し、自由曲げの代わりに校正曲げを採用する。
      曲げ前材料は焼なましを行い、冷製硬化材料を軟化してから曲げて成形する。
      プレス中に形狀が変形して除去しにくい場合は、凸とダイの傾斜を交換または修正し、凸凹の隙間を最小の材料厚に等しくする。
      ダイとワークの接觸面積を大きくし、凸型とワークの接觸面積を減少させる。
      「行き過ぎ」を採用して、リバウンドの影響を減らす。
      2、ポジショナが摩耗して変形し、バーの位置決めが正しくないため、新しいポジショナを交換しなければならない。
      3、ガイドなしの曲げモードにおいて、圧力機で調整する場合、圧力機スライド下の死點位置の調整が不適切であり、曲げ部品の形狀とサイズが不合格になることがあります。
      4、金型の圧材裝置が故障したり、圧材の役割を全く果たしていません。
      改めて圧材力を調整したり、圧力スプリングを交換して正常に動作させなければなりません。
      次の:何も
      SuICP予備1401940號-1 著作権所有 2018-2025 蕓馳金屬科技(昆山)有限公司 All Rights Reserved.
      日本黄色一级视频,日本网站,小草视频播放,小草视频播放